超過滞在とは、在留期限を経過して日本に滞在することを意味します。
超過滞在は法令違反となり、原則では退去強制処分で日本を出国しなければなりません。

ここでは過去に超過滞在をしていた方の再入国について説明いたします。

入国拒否期間について

過去に超過滞在が原因で日本から出国した方は、一定期間の入国拒否が課せられます。
入国拒否期間は、大きく1年、5年、10年に分けられます。

1年間の入国拒否期間

超過滞在時に「自ら出頭し、日本を出国したこと」「超過滞在以外の法令違反がないこと」「過去に退去強制処分を受けたことがないこと」など一定の要件を満たしている場合は、1年間の入国拒否が課せられます。
自ら出頭して日本を出国する制度は出国命令制度と呼ばれ、誠意をもって出頭したことを考慮して通常よりも短期間での入国拒否に抑えることができます。

5年間の入国拒否期間

通常の場合、超過滞在時に退去強制処分にて日本を出国した者は、5年間の入国拒否が課せられます。
つまり、日本から強制送還された者は、5年間は日本に入国することができません。

10年間の入国拒否期間

複数回超過滞在を繰り返す場合は、10年間は日本に入国することができません。
最悪の場合、今後一切日本に入国できない可能性もあります。

恒久的に日本に入国できなくなる可能性

上記のとおり、1年、5年、10年と入国拒否期間が定められており、期間が経過すれば、法的には日本に入国することができるようになります。
最悪の場合には、恒久的に日本に入国できなくなる可能性もあります。

超過滞在は、退去強制処分だけでなく裁判にかけられ、1年以上の懲役刑を言い渡されることもあります。
これが確定した場合、原則として出所後日本に入国することは一切できなくなります。
これは、執行猶予がついても同様の取り扱いとなっており、超過滞在でも悪質性が高いと判断されれば、日本を出国するだけでは済まない状況も生じ得ます。

超過滞在をしていたからといってすぐに起訴されるものではありませんが、可能性はあるため十分に注意をする必要があります。

超過滞在履歴は隠すことができません

超過滞在を含む不法滞在は、パスポートの出入国スタンプのページに記録されます。

また、パスポートを更新していても、出入国在留管理庁(旧入国管理局)がデータとして過去の法令違反を管理しているので、超過滞在の履歴を隠すことはできません。

入国拒否期間が経過しても、在留資格を許可するかどうかは法務大臣の広範な裁量に委ねられており、申請を行ったからといって必ず取得できるものではありません。

つまり、超過滞在という過去の法令違反歴を有している場合、入国拒否期間の経過後であっても、在留資格の再取得に不利な条件を有していることになります。
もちろん、超過滞在歴=在留資格不許可という画一的な処理にはなりませんが、超過滞在の過去は十分検討されます。

そのため、日本の在留資格を再度取得して入国を希望する場合には、反省文・嘆願書などを申請書類と併せて申請する必要があります。
反省文や嘆願書を提出することは、法定要件ではなく提出することは必須事項ではありません。
しかし、少しでも許可の確率を上げるためには、過去の超過滞在を反省していることや、日本に入国する理由があることなどを明確にまとめることが大切です。

日本は、多くの外国人労働者を受け入れる傾向となっています。
それと同時に、超過滞在等の不法滞在者の取り締まりと、過去の超過滞在歴を有する者の入国は一層厳しくなることが予想されます。
反省文や嘆願書の作成は、弁護士等が代行することができるため、必要に応じてご相談ください。

まとめ

超過滞在と一言で言っても、悪質なものから、しかるべき理由があるものと様々です。
個々のケースによって取られる処分が異なります。

超過滞在をしていたからといって、必ずしも入国や在留資格取得が不可となるということではありませんが、超過滞在の履歴は審査において不利に働く可能性が高いです。

超過滞在後に日本に再度入国を希望される方は、弁護士等の助言のもとに、誠意を持って申請を行うことが大切です。

入管業務お問い合わせ入管業務お問い合わせ

入管業務の基礎知識の関連記事

入管業務の基礎知識TOP
 申請取次弁護士とは
 申請取次弁護士に依頼するメリット
 弁護士と行政書士の違い
 在留資格一覧
 ビザと在留資格の違い
 在留資格に関する手続を申請できる人
 在留資格を取得するための要件
 在留資格の手続をどこに申請するのか
 在留資格の手続を申請するタイミング
 不法滞在をしていて見つかったら
 不法滞在を解消したい
 指紋認証制度に困っている
 オーバーステイを解消したい
 オーバーステイだった方の入国について