短期滞在とは

外国籍の方が日本へ渡航する際の査証(ビザ)の要否や種類は、国籍・渡航目的・滞在期間等により異なります。
短期滞在ビザは、外国籍の方が観光、商用、知人や親族訪問を目的に90日以内で滞在し、その間報酬を得る活動をしない場合に必要です。

短期滞在ビザに関する注意点

国や地域によってはこのビザが免除されます。
日本との間に相互査証(ビザ)免除協定が結ばれている国の国民は短期滞在ビザを取得する必要はありません。
2020年4月の時点における、査証(ビザ)免除措置国は68か国です。
韓国、台湾、米国などが免除措置国に含まれています。
短期滞在ビザ免除国や地域についてのより詳しい情報は、外務省のホームページをご覧ください。

短期滞在期間は15日、30日、90日の3種類がありますが、この期間中、報酬を得るための就労活動はできません。

通常、やむを得ない特別の事情がない限り、滞在期間の更新や他の在留資格への変更は認められません。

申請方法

短期滞在査証(ビザ)の申請方法は2つあります。

①日本国外に居住する申請人が日本渡航に際して事前に申請
外国籍の申請人が日本へ渡航する計画を立て、必要な書類を準備し、居住国の日本大使館や総領事館などで申請します。

②日本国内の居住者が、外国籍の方を日本に招き、申請人が居住国で事前に申請
日本国内の居住者が、外国籍の方を日本に招く計画を立てて必要な書類を準備し、海外に居住する申請人に送付します。
必要な書類を受け取った申請人は、居住国の日本大使館や総領事館で申請します。
※申請人の国籍、渡航目的により必要な書類が異なります。

入国は、査証(ビザ)が発行されてから3か月以内に行う必要があります。

申請書類や在留資格変更などについて、ご不明な点がありましたら、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談ください。

入管業務お問い合わせ入管業務お問い合わせ

外国人雇用のご相談(外国人材を雇用したい、雇用している企業の方へ)の関連記事

外国人雇用のご相談(外国人材を雇用したい、雇用している企業の方へ)
 企業向けビザ一覧
 「在留資格認定証明書」について
 在留資格を変更したい
 日本国内で就労している外国人材の在留期間を更新したい
 「在留期間更新許可申請」について
 日本にいる外国人を雇用したい
 外国人材を海外から招へいし、雇用したい
 海外の大学生をインターンシップで呼び寄せたい
 出張・会議など報酬を伴わない活動で短期滞在をしたい
 「短期滞在」の在留資格について
 本国から家族を呼び寄せたい
 外国人材の親や子どもを母国から呼び寄せたい
 企業側が注意するべき点
 雇用契約書作成時の注意点
 罰則について