在留期間更新とは

在留資格を有する外国人は、指定された期間日本に在留することができますが、期間満了後も引き続き同一の「在留資格」で日本に滞在を希望する場合は、在留期間更新手続が必要となります。

資格別在留期間の詳細は法務省のホームページをご覧ください。

在留期間を超過してしまうと不法滞在などのリスクが生じるため、日本に在留している外国人の方のほとんどは更新手続が必要です。

在留期間更新の申請方法

【申請期間】
原則として、在留期間更新の申請は在留期間が満了する日よりも前から(6か月以上の在留期間を有する者は在留期間の満了する3か月前から)受付可能です。

【申請先】
所在地の管轄地方出入国在留管理官署または外国人在留総合インフォメーションセンターで申請ができます。

【標準処理期間】
約2週間~1か月とされています。
※期間は状況により、前後する可能性あります。

【申請書類】
申請書など(在留資格に応じて、書類が異なります。)

更新申請やサポートも八戸シティ法律事務所で対応していますので、ご質問等がありましたらお気軽にご相談ください。

入管業務お問い合わせ入管業務お問い合わせ

外国人雇用のご相談(外国人材を雇用したい、雇用している企業の方へ)の関連記事

外国人雇用のご相談(外国人材を雇用したい、雇用している企業の方へ)
 企業向けビザ一覧
 「在留資格認定証明書」について
 在留資格を変更したい
 日本国内で就労している外国人材の在留期間を更新したい
 「在留期間更新許可申請」について
 日本にいる外国人を雇用したい
 外国人材を海外から招へいし、雇用したい
 海外の大学生をインターンシップで呼び寄せたい
 出張・会議など報酬を伴わない活動で短期滞在をしたい
 「短期滞在」の在留資格について
 本国から家族を呼び寄せたい
 外国人材の親や子どもを母国から呼び寄せたい
 企業側が注意するべき点
 雇用契約書作成時の注意点
 罰則について